26 4月, 2008

町が好き

新しい町に越して来て3ヶ月。

引っ越してすぐに挨拶に行った隣近所は、当たり前に挨拶できる仲になってきた。

うちの近所はじーさん、ばーさんばっかりの古い家がいっぱいある町。

木造の住宅密集区で、もし火事に遭ったら消防車が入れないようなところもたくさんある。

うちは雨戸が木だから、たてつけが悪くて閉まらない。

玄関も木だし、ベランダだって木だ。

裏庭には野良猫がよくきて、俺と目が合うと 固まって動かなくなる。

メジロなんかの野鳥が飛んできて、樹に付いた小さい虫を食べてってくれる。

雑草はじゃんじゃん生えるし、野良猫はクソをしていく。

夕方に豆腐屋がラッパ吹いて 近所回り、目が合った人みんなに挨拶をしている。

6時になったらどっかから ”か〜ら〜す〜 なぜなくの〜”のインストが聞こえる。

自転車があれば、電器屋が立ち並ぶデッカい街にもいける。

駅までは歩いて30分かかるけど、バスだって出てる。

小学生が河に侵入して遊んでる。

中学女子が4時間立ち話してる。

子供が叱られてる。

心底、大泣きしてる。

そんな景色が、ここそこにあるこの町が、俺は気に入ってる。

2 件のコメント:

はなび母 さんのコメント...

読んでたら町の風景が目に浮かんだよ^^
いい所だ!
そんな町にいつか住みたい。。。

K ABRAHAM GLOQ さんのコメント...

はなびのかーちゃんは、どんなとこに住んでんだ?

でも、家族がいりゃー どこでも住めば都さ!